FANDOM


YMO GO HOME!(ワイエムオー・ゴー・ホーム)は細野晴臣監修によるイエロー・マジック・オーケストラ(以下、YMO)のベストアルバム1999年9月22日東芝EMIよりリリースされた。

解説編集

YMO結成20周年を記念して企画された一連のオリジナルアルバム再発売と同時に発売されたベストアルバムである。 従来のYMOのベストアルバムはレコード会社主導であったが、今回は初めてメンバー(細野晴臣)が公式にプロデュースしている。細野選曲ということで、他のベストアルバムよりも中期の細野作品が多く見受けられる。

また、初のデジタルリマスタリング作品でもあり、リマスタリングは小池光夫が担当している。

ボーナストラックには1980年の写楽祭で演奏された「Where Have All The Flowers Gone?(花はどこへ行った?)」と「La Femme Chinoise」が納められている(スタジオで録音され、ライブ演奏と称して演奏されたもの)。それぞれアコースティックトリオで演奏され、YMOメンバーのギター演奏、美しいハーモニーが聞ける。また、いくつかの曲はオリジナルアルバムとは異なるヴァージョンで収録されている。

ジャケットデザインはテイ・トウワである。

収録曲編集

Disc 1編集

  1. JINGLE“Y.M.O.”
  2. RYDEEN
  3. BEHIND THE MASK
  4. INSOMNIA
  5. CUE
  6. U・T
  7. NICE AGE
  8. 体操/TAISO
  9. COSMIC SURFIN’
  10. 以心電信/YOU'VE GOT TO HELP YOURSELF
  11. ポケットが虹でいっぱい/POCKETFUL OF RAINBOWS
  12. 東風/TONG POO (SPECIAL DJ COPY)
  13. 中国女/LA FEMME CHINOISE (ACOUSTIC VERSION)
  14. FIRE CRACKER

Disc 2編集

  1. MULTIPLIES
  2. TIGHTEN UP (A&M MIX)
  3. SIMOON
  4. CITIZENS OF SCIENCE
  5. CAMOUFLAGE
  6. GRADATED GREY
  7. PURE JAM
  8. LOTUS LOVE
  9. 君に、胸キュン。-浮気なヴァカンス-
  10. SHADOWS ON THE GROUND
  11. BE A SUPERMAN
  12. WHERE HAVE ALL THE FLOWERS GONE? (ACOUSTIC VERSION)
  13. TECHNOPOLIS
  14. THE END OF ASIA
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はYMO GO HOME!にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki