FANDOM


鈴木 慶一すずき けいいち1951年8月28日 - )は、音楽家(ミュージシャン)、音楽プロデューサー、ムーンライダーズボーカル東京都大田区出身。東京都立羽田高等学校卒業。

来歴、人物 編集

1970年あがた森魚と出会い本格的な音楽活動を開始。はっぴいえんどのバックミュージシャンなどを経験した後、自らのグループはちみつぱいを結成。1975年に実弟である鈴木博文らとムーンライダーズを結成した。翌年にアルバム「火の玉ボーイ」を発売。1986年から1991年ムーンライダーズは活動を休止するがその間、当時夫人であった鈴木さえ子の「緑の法則」のプロデュースなどをてがける。

1981年には高橋幸宏とのコンビでビートニクスを結成、断続的に活動し3枚のアルバムを出す。 また、鈴木博文とはTHE SUZUKIというユニットでも断続的に活動している。

映画音楽も手がけ、2003年公開の北野武監督の『座頭市』では、カタロニア映画祭スペイン)最優秀音楽賞、第27回日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞した。漫画雑誌「COMIC CUE」では漫画の原作を担当したこともある。

CM音楽では、代表曲として素人の出演者がきちんと歌っているのに下手に聞こえるメロディラインが話題を呼んだ『きいてアロエリーナ きいてマルゲリータ』(マンナンライフ)や、宮崎美子が着替えるシーンでブームを起こした『今の君はピカピカに光って』(作詞・糸井重里、歌・斉藤哲夫ミノルタカメラ)などがある。

コンピューターRPGゲームのMOTHERで使用した『エイト・メロディーズ』が音楽教科書に採用されたこともある。

ソロアルバム 編集

  • 火の玉ボーイ(1976年、鈴木慶一とムーンライダース名義)
  • SUZUKI白書(1991年
  • THE LOST SUZUKI TAPES(1993年、未発表曲&テイク集)
  • No.9(2004年、Keiichi Suzuki with moonriders名義)

映画音楽 編集

出演 編集

TV番組
CM
映画

関連項目 編集

関連サイト 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は鈴木慶一にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki