FANDOM


浮気なぼくら(NAUGHTY BOYS)は、イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)の7作目のアルバム。1983年5月24日アルファレコードよりリリースされた。カネボウ化粧品のCMに使用された「君に、胸キュン。」を収録している。

解説 編集

  • メンバーのソロ活動や他アーティストへの楽曲提供などを経て、大きく路線を変更したアルバム。当初アルバムタイトルは『キュート』と名付けられていた。歌詞はほぼ全て日本語が使われ、何処か歌謡曲を思わせるニュアンスの楽曲が並ぶ。
  • 前作『テクノデリック』発表後、メンバーはソロ活動として様々なミュージシャンに楽曲を提供、ヒットさせている。それらの楽曲は歌謡曲として作られていたが、YMO独特のシンセ・サウンドもさりげなく使われており、その後の歌謡曲・アイドルソングに絶大な影響を与えた(テクノ歌謡参照)。
  • その後発表されたYMO名義のこのアルバムは、個々のソロ活動からの影響か歌謡曲を意識したものとなっている。一見すると前作までのリスナーにとってはまさしく「浮気な」歌謡曲路線へのレコード・セールスを見込んだ転向に見えるのだが、細野晴臣曰く当時のヒット歌謡曲とは一線を画した楽曲群であり、歌謡曲としてつくられたものではなく、むしろ『テクノデリック』の第2弾という位置付けのアルバムであると後に語っている。また、それまでのソロ活動の影響か、このアルバムでは、重厚な楽曲の細野、ポップな楽曲の高橋幸宏、繊細な楽曲の坂本龍一といったように、3人の特徴が顕著に現れたアルバムでもある。
  • この当時はTVに頻繁に出演しており、「クイズ・ドレミファドン!」や「オレたちひょうきん族」などのバラエティー番組への出演のほか、「THE MANZAI」での各人のものまねや高橋への頬を叩いてのツッコミなど漫才を披露した。このときグループ名を「YMO」ではなく「トリオ・ザ・テクノ」と紹介し、自らを「元YMOの...」と称した。

レコーディング 編集

  • ドラムの録音ではLINN Drumをアンプでならし、本物のドラムを共鳴させその音を録音したり、LINNに高橋の音を焼き付けたROMを装着するなど前作にも通じる製作方法が用いられている。
  • 前々作『BGM』ではデジタル録音が行われ、前作『テクノデリック』ではアナログ録音に戻されたが、本アルバムは最初からデジタル録音で行われている。現在はこのマスターテープを再生できる機材がこの世に存在しないため、『BGM』のテープと共に廃棄処分されている。

ビル・ネルソンの参加 編集

  • ギターにビル・ネルソンが参加。YMOの作品に初めて協力した外国人ミュージシャンであった。
  • 元々は前年に行った高橋のコンサートにビルが参加したことがきっかけで高橋が提案した(すでにYMO散開が決まっていた時期でもあり、何か新しいことがないとつまらない、みんながやる気になるきっかけとならないかと考えたのがその理由)。
  • ビルの演奏はカッティングを使った弾き方ではなく、E-BOWを使った持続音を鳴らしていた。坂本はこれが気に入っていた。

収録曲編集

  1. 君に、胸キュン。(浮気なヴァカンス)
    作詞:松本隆/作曲:細野晴臣、坂本龍一、高橋幸宏/編曲:YMO
    カネボウ化粧品のCMに使用され、先行シングルとして発売された(B面はカオス・パニック)。詳細は「君に、胸キュン。」を参照。
  2. EXPECTED WAY/希望の路
    作詞・作曲:高橋幸宏/編曲:YMO
  3. FOCUS
    作詞:細野晴臣、ピーター・バラカン/作曲:高橋幸宏、細野晴臣/編曲:YMO
  4. ONGAKU/音楽
    作詞・作曲:坂本龍一/編曲:YMO
    当時3歳だった坂本の娘である坂本美雨のことを歌った曲。
  5. OPENED MY EYES
    作詞:高橋幸宏、ピーターバラカン/作曲:高橋幸宏/編曲:YMO
  6. YOU'VE GOT TO HELP YOURSELF/以心電信(予告編)
    作曲:高橋幸宏、坂本龍一/編曲:YMO
    国際連合による「世界コミュニケーション年(WCY)」のキャンペーン曲。スポットCM用の為、曲の時間が30秒になっており、この曲をフルコーラス用に作り直し、歌詞を付けたものが後にシングル発売された。
  7. LOTUS LOVE
    作詞・作曲:細野晴臣/編曲:YMO
    坂本によると『キュー』の兄弟曲のようなものとのこと。
  8. KAI-KOH/邂逅
    作詞・作曲:坂本龍一/編曲:YMO
    シンセサイザーの音色の使い方が秀逸。鐘の音色は「イミュレーター」を使ったサンプリングで、『戦場のメリークリスマス』のテーマにも使用されているもの。歌詞はYMOの散開をにおわせていると言われている。
  9. EXPECTING RIVERS/希望の河
    作詞:高橋幸宏/作曲:高橋幸宏、坂本龍一/編曲:YMO
    アルバムの最初に録音された曲。シングル『以心電信』のB面にも納められている。
  10. WILD AMBITIONS
    作詞:細野晴臣/作曲:細野晴臣、坂本龍一/編曲:YMO
    YMOの活動時において唯一、細野と坂本が共作した作品。曲のほとんどは細野が作ったといわれているが、イントロのリズムパターンは細野と坂本が協力したもの。また、スネアの音色には高橋がキディ・ランドで購入したおもちゃの音色を使用している。

参加ミュージシャン 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は浮気なぼくらにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki