FANDOM


松武秀樹Hideki Matsutake、まつたけ ひでき、1951年8月12日 - )は日本の神奈川県出身の作曲家編曲家コンピュータープログラマー

1970年大阪万博アメリカ館でウォルター・カーロスの「スイッチト・オン・バッハ」を聴き、シンセサイザーの自動演奏に興味を持つ。

1971年6月、冨田勲のマネジメント会社であるインターパックに入社。俗に『弟子入り』と言われている。同年10月モーグ・シンセサイザー(MOOG III-P)が冨田のもとに到着し、当時日本には数台しかなかったモーグによる音楽制作のスタッフを経験する。

1974年エム・エー・シーを設立。

1978年坂本龍一のアルバム「千のナイフ」に参加したことをきっかけに「イエロー・マジック・オーケストラ」の多くのアルバム・レコーディングや世界ツアーにシンセサイザーマニピュレーターとして参加。『4人目のYMO』と呼ばれる。

1981年には入江純とのユニットである「Logic System」を結成。

阪神・淡路大震災の復興チャリティユニットとして声優神谷明の呼びかけで結成されたWITH YOUに、協力ミュージシャンとして参加。1997年に発売されたチャリティCDにも参加している。

現在、日本シンセサイザープログラマー協会(JSPA)会長。

外部リンク編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は松武秀樹にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki