FANDOM


松本 隆まつもと たかし1949年7月16日 - )は作詞家東京都出身。港区立青南小学校慶應義塾高等学校慶應義塾大学文学部中退。

略歴 編集

東京青山生まれ。父親は大蔵官僚。中学から大学まで慶應に通う。妹が生まれつき病弱で早くして亡くなったことが詩が優しいと言われる理由では、と自身語っている。ビートルズの影響を強く受けた。細野晴臣大瀧詠一鈴木茂はっぴいえんど(パートはドラム)を結成。はっぴいえんどの母体となったエイプリルフール時代、細野に「松本、詞書け」と提案され、これ以後作詞を担当することになる。細野の提案は、松本が常に本を持ち歩くなど文学少年であったことによる思いつきだったらしい。

はっぴいえんど在籍中より、都市の空虚感と独特なですます調を利用して作詞活動をおこなう。はっぴいえんどのメンバーにはそれぞれ別名があって松本は、江戸門弾鉄であった。当時、その別名の江戸門弾鉄名義で初期の大滝詠一のソロ曲の作詞をしていた。

はっぴいえんど解散後、アグネス・チャンに「ポケットいっぱいの秘密」の詞を書くことで歌謡界に進出、太田裕美「木綿のハンカチーフ」で作詞家としての地位を確立する。当初、歌謡曲を見下していたのだが、「この詩には曲をつけられないだろう」と作曲家の筒美京平に「木綿のハンカチーフ」の歌詞を持っていった所、あっさりと曲を付けられてしまいそれ以降作詞に没頭するようになる。

筒美は、「木綿のハンカチーフ」の詞を渡された時、こんな「長い詞に曲は付けられない」と当時太田の担当ディレクター/プロデューサーだった白川隆三に連絡しようとしたが、連絡が取れなかったため、しぶしぶ作曲に取り掛かったところ、予想外にすんなり進み、「いや~、いい曲ができたよ」と喜色満面で提出したという。(『太田裕美の軌跡』ライナーノートの解説より)

その後、松田聖子山下久美子など多数のアイドル、アーティストに詞を提供し、ヒットメーカーとしての地位を築き上げた。1981年日本レコード大賞を受賞した「ルビーの指環」も彼の作品である。

作品の総売上は3,300万枚を超える。

また、文筆活動も行い、代表作ともいえる松本自身の私小説「微熱少年」はその後、松本自身が監督をつとめる形で映画化もされた。これは作詞を担当した鈴木茂の曲と同名タイトルである。現在では自主レーベル風待レコードを設立し、若手の育成に努めている。近年の趣味はオンラインゲーム。また昨今、韓流ドラマ・映画に深く耽溺している。

主な作品 編集

・この曲の作詞が職業作詞の処女作である。 ・またこの他財津和夫ソロの曲の作詞も数曲担当している。

外部リンク 編集

  • 風待茶房 - 公式ページ(作詞作品データベースがある)
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は松本隆にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki