FANDOM


大村 憲司おおむら けんじ1949年5月5日 - 1998年11月18日)は、日本ギタリスト作曲家アレンジャー

略歴 編集

兵庫県神戸市出身。甲南高等学校を卒業後、1970年アメリカに渡り、フィルモア・ウェストのステージに立つ。1971年帰国、赤い鳥に参加。1973年に赤い鳥を脱退し「エントランス」を結成。1976年、「カミーノ」結成。1980年YMOのサポートギタリストとして国内およびワールドツアーに参加。晩年は柳ジョージのツアーに参加。またその卓越したギターテクニックや知識により『ギターマガジン』のエレクトリックギターのレビューを担当。ギターを知り抜いた男として試弾きしインタビュー形式で適切な評価を与えた。

1998年11月18日、肝臓病(アルコール性肝炎)で死去。 49歳(享年50)。

エピソード 編集

大貫妙子は大村の死にショックを隠せなかったと後の振り替え公演・ステージ上で語った。

ディスコグラフィ 編集

  • 『ファーストステップ』
  • 『KENJI-SHOCK』
  • 『春がいっぱい』
  • 『外人天国』
  • 『Left-Handed Woman』
  • 『Leaving Home』
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は大村憲司にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki