FANDOM


以心電信(You've Got To Help Yourself、いしんでんしん)は日本の音楽グループ「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」の9枚目のシングル。または同シングルに収録された曲。シングルは1983年9月28日アルファレコードよりリリースされた。

解説 編集

国際連合による「世界コミュニケーション年(WCY)」のテーマ曲として、アルバム『サーヴィス』に先駆けてシングルカットされた。NHKで頻繁に流されたが、そのことを録音前に知ったYMOの3人は「俺たちはゴダイゴか?」と苦笑した(1979年国際児童年キャンペーンソングとして使用された「ビューティフル・ネーム」と比較して)。

歌詞にある「七つのボタン」は軍服のことを指すが、NHKで放送されるか不安に思ったという。また細野晴臣はのちに、当時アメリカの自助運動に関心があり「自分を助けられない人間に他人なんか助けられない」と言う想いで、所謂チャリティーソングへの半ば皮肉もこめて作詞したと回想している。

坂本龍一のコメントによると、楽曲的にはビートルズのにぎやかな曲に影響されており、華やかさがある式典をイメージしているとのこと。

録音時期はアルバム『浮気なぼくら』と同時期に行われた。そのため、この曲の「予告編」がアルバム『浮気なぼくら』に収録されている。 なお、アルバム『浮気なぼくら』以降、メンバーの確執に似たすれ違いのため、三人が同時にスタジオに入ることはなかったが、この曲だけは三人で作業を進めた。つまり、YMO散開(解散)前、メンバー三人が同時にスタジオで録音した最後の曲である。

正式リリース前に、坂本龍一がパーソナリティを務めていたラジオ番組サウンドストリートにてこのテイクとは異なる歌詞とミックスで放送されたことがあった。また、シングルバージョンは、アルバムバージョンとはフェイド・アウト部分が異なっている。

2007年5月19日に行われたSmile Together Project Special Live 2007にて、高橋幸宏・坂本龍一・細野晴臣の3人からなるHUMAN AUDIO SPONGEによって演奏された。また、2007年7月7日に行われたライブ・イベントLive Earthでは、14年ぶりにYMOとして演奏が行われた。これらのライブでは一部歌詞が変更されている。

収録曲 編集

  1. 以心電信(YOU'VE GOT TO HELP YOURSELF)
    作詞:細野晴臣ピーター・バラカン/作曲:坂本龍一高橋幸宏/編曲:YMO
  2. 希望の河 (Expecting Rivers)
    作詞:高橋幸宏/作曲:高橋幸宏、坂本龍一/編曲:YMO
    アルバム『浮気なぼくら』にも収録されている。
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は以心電信 (YMO)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki