FANDOM


YMO 編集

細野晴臣ベース
YMO以前にはエイプリル・フール、はっぴいえんどティン・パン・アレーと様々なバンドを渡り歩いた。YMOのリーダーでありプロデューサー。シンセサイザーとコンピュータを用いるYMOの音楽スタイルを打ち出した張本人。YMOのライヴではほぼベーシストに徹し、特筆すべきはシンセサイザーをベース代わりに演奏していたことだ(ただし、曲によってはエレクトリックベースを使用している部分もある)。YMO散開後は特にアンビエントエレクトロニカ等のジャンルを取り入れている。宗教や民俗学などオカルト的な趣味があり、それらもYMOに影響を与えている。
高橋幸宏ドラムヴォーカル
サディスティック・ミカ・バンドサディスティックスを経てYMOに参加。YMOをきっかけに機械のビートと同期してドラムを演奏した最初期のドラマーである。また、ライヴではドラムを叩きながら自らヴォーカルをとるという異色なスタイルで演奏していた。ファッションデザインの技能を生かしてYMOではステージ衣装のデザインを手掛けた。YMO散開後はソロ活動とともに、様々なミュージシャンとのコラボレーションやプロデュース業を展開している。
坂本龍一キーボード
YMOで唯一、クラシック畑出身のミュージシャン。スタジオミュージシャンとして活躍した後、YMOに参加。YMOでは松武秀樹とともにレコーディングにおいて楽曲を構築する重要な役割を果たし、またライヴでは楽曲のアレンジを一手に引き受けた。YMO散開後は映画音楽で成功するなどソロ活動を展開している。

サポートミュージシャンなど 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki