FANDOM


メリー・クリスマス・ミスター・ローレンス (Merry Christmas Mr.Lawrence) とは、映画戦場のメリークリスマス』のオリジナルサウンドトラックである。1983年5月1日にリリースされた。

解説 編集

音楽坂本龍一。坂本龍一にとっての初めてのサウンドトラックアルバムでもある。映画自体のある種の非現実感から影響を受けて、西洋から見ても東洋から見ても“どこでもないどこか”、そして“いつでもない時間”をコンセプトに作られた。

メインテーマの認知度 編集

  • 1曲目のメインテーマは坂本作品の中でもっとも認知度が高い楽曲とされている。理由は以下の通り。
  1. 国内外のアーチストによるカバーが多い。
  2. 坂本のオリジナルソロアルバムやライヴにおいても編成・アレンジを変えて何度も演奏されている。
  3. ピアノ愛好者がよく演奏し、市販されているピアノ譜に数多く掲載されている。
  4. 1986年に坂本がパーソナリティを務めたNHK-FM「サウンドストリート」の「坂本龍一ベスト10」で1位になった。
  • 戦場のメリークリスマス - All About」では楽曲「戦場のメリークリスマス」のカバー曲の紹介とカバーされている背景を解説している。
  • 坂本自身はなぜこの曲だけが特に好まれるのか、作った当時から分からなかったが、シンプルで覚えやすいメロディが原因ではないかと分析している。引用エラー: 無効な <ref> タグ。名前(name 属性)に単なる数値は使用できません。説明的なものにしてください

収録曲 編集

  1. メリー・クリスマス ミスターローレンス Merry Christmas Mr.Lawrence
    坂本の全楽曲の中で最も知名度の高い“代表作”で、後のアルバムやライヴにおいても編成・アレンジを変えて何度も演奏されている。いわゆるペンタトニック中心の“オリエンタルなメロディー”+“近代西洋音楽の和声”=“東洋と西洋の高次な結晶”というような批評が世界中でされてきたが、坂本自身は「西洋でも東洋でもない、他のなんでもない、わけのわからないもの」として“東洋+西洋”という単純な考え方自体を否定している。主旋律の音色はワイングラスサンプリングが使われておりテンプレート:要出典、低音ではあえてチューニングがはずれるようにして東洋の雰囲気を醸し出している。基本的には「四七抜き(ファとシを使わない)」で構成しつつ、効果的にシを入れ込んでいる。次の小節のコードが前倒しで鳴っている。坂本によると「繁留の反対」。引用エラー: 無効な <ref> タグ。名前(name 属性)に単なる数値は使用できません。説明的なものにしてください
  2. バタヴィア Batavia
    ジャワの喧騒の中、ガムランによるミニマルフレーズが繰り返される小曲。
  3. 発芽 Germination
    このアルバムの中では数少ない、生のストリングスを使った楽曲のひとつ。前半はポリリズム的なレガート奏法による部分、後半はピチカート奏法による部分に分かれる。
  4. 腹いっぱいの朝食 A Hearty Breakfast
    パンニングで左右に移動するシンセとノイズのミニマルフレーズに、木管アンサンブル、低音のストリングスが順に加わる。リズムは4分の3拍子と4分の4拍子を組み合わせた変拍子
  5. 闘いの前 Before The War
    まず、風が鳴いているような音色で曲を通して鳴り続けるミニマルフレーズが提示され、2つのメロディー、和音の順で音が重ねられていく。最後にまたミニマルフレーズだけが残り、曲は閉じる。
  6. 種子と種を蒔く人 The Seed And The Sower
    8分の5拍子と4分の3拍子を組み合わせた変拍子、低音部の増4度の動き、短3度上にどんどん転調していく等、非常に緊迫感のある楽曲。
  7. 短い出会い A Brief Encounter
  8. ライド・ライド・ライド(セリアーズの弟の歌) Ride Ride Ride (Cellier's Brother's Song)
    坂本のオリジナルではないが、メロディーに施された和声アレンジが非常に美しい。その和声進行は非常に機能和声的ではあるが、坂本の音楽固有の、ある種の質が滲み出ている。
  9. ザ・ファイト The Fight
  10. ファーセル・クリスマス Father Christmas
    「メリー・クリスマス ミスターローレンス」の変奏曲
  11. 出て行け! Dismissed!
  12. 集合 Assembly
    坂本が映画撮影中のカメラファインダーを覗かせてもらったときに思いついた曲。
  13. 理性を越えて Beyond Reason
  14. 種を蒔く Sowing The Seed
    ノイズの持続音で始まり、音階を上昇していく低音部の上でシンプルなメロディーが繰り返される。メロディーの裏では「バタヴィア」のフレーズが鳴っている。
  15. 詩篇第23 23rd Psalm
  16. 最後の後悔 Last Regrets
  17. ライド・ライド・ライド(リプライズ) Ride Ride Ride ( reprise )
  18. ザ・シード The Seed
  19. 禁じられた色彩 Forbidden Colours
    「メリー・クリスマス ミスターローレンス」のトラックにデヴィッド・シルヴィアンが歌詞・メロディーを作り、歌を乗せたもの。タイトルは三島由紀夫の「禁色」から引用。元々シングルで発表されていたが、CD化に際してボーナストラックとして追加収録された。後のライヴ演奏では、シルヴィアンが作ったメロディーの一部(エンディングに向かう終盤の主旋律の繰り返し部分)を組み込んだアレンジが定番化した。フジテレビの『SMAP×SMAP』にてSMAPが歌ったこともある。

音楽 編集

1-7, 9-16, 18
Ryuichi Sakamoto
8,17
S.McCardy
15
Traditional
19
Ryuichi Sakamoto & David Sylvian, words by David Sylvian

出典 編集


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はメリー・クリスマス・ミスター・ローレンスにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki