FANDOM


フレンズ・オブ・アースFriends of EarthF.O.E.)は、元イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)の細野晴臣、元インテリアズ野中英紀を中心に結成された音楽ユニット。メンバーは流動的で、西村麻聡(のちにFENCE OF DEFENSEを結成)、コシミハルサンディーなどが参加している。

細野のソロアルバム『S・F・X』のアルバムクレジットにF.O.E.の名が登場してから、3枚のミニアルバムを発表して活動を終了するまで、機械的な細かいビートを使ってドライヴ感あふれる音楽を展開。その「オーヴァー・ザ・トップ」(O.T.T.)と表現した音楽は、当時「未来派」と謳い、同じく細分化した過激な音楽を志向した坂本龍一に激しく糾弾された。

『セックス・エナジー・アンド・スター』に収められている、ジェームス・ブラウン(JB)のカヴァー曲「Sex Machine」には、 当のジェームス・ブラウンとメイシオ・パーカーJr.がゲストで参加している。JBの来日公演のオープニング・アクトとして初ライブを敢行したF.O.E.は保守的なJBファンから痛烈な野次と怒号を浴びた。

そんなある日、自身が代官山にて雪で足を滑らせ転倒、骨折したことにより、細野はバンドの終結を観念的に決断した。

ディスコグラフィー編集

  • 『S・F・X』細野晴臣 with フレンズ・オブ・アース(1984年、テイチクノン・スタンダード
  • 『フレンド・オア・FOE?』(1985年、テイチク/ノン・スタンダード)
  • 『デクライン・オブ・O.T.T.』(1986年、テイチク/ノン・スタンダード)
  • 『セックス・エナジー・アンド・スター』(1986年、テイチク/ノン・スタンダード)


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はフレンズ・オブ・アースにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki