FANDOM


フェイカー・ホリック』(Alfa ALCA-137/138)は、イエロー・マジック・オーケストラ(以下、YMO)のライブアルバム。1991年5月21日アルファレコードより発表された。

解説 編集

第1回ワールドツアーのヴェニュー(ロンドン)での2回、ル・パレス(パリ)、ボトムライン(ニューヨーク)の4公演が編集、収録されている。
YMO活動中に発表された3rdアルバム『パブリック・プレッシャー』では、サポート・ギタリストの渡辺香津美ギターのチャンネルは坂本龍一シンセサイザーに置き換えられていたが、本作では渡辺のギターがそのまま収録されたため、その違いを聞き比べることができる。
『フェイカー・ホリック』という題名は、「フェイク」の新作アルバムとして、YMO活動時に広告やレビューが雑誌に掲載されたものに由来している。”アナライザー”という楽器を使い、「ダンダラダイ」「ブルマー」などといった曲が収録されていたとする。
CDは2枚組で、Disc 1にはロンドンとパリでの演奏、Disc 2にはニューヨークでの演奏が納められている。

曲目 編集

Disc 1編集

  1. キャスタリア Castalia
  2. ライディーン Rydeen
  3. ビハインド・ザ・マスク Behind The Mask
  4. コズミック・サーフィン Cosmic Surfin
  5. ラジオ・ジャンク Radio Junk
  6. インソムニア Insomnia
  7. 中国女 La Femme Chinoise
  8. テクノポリス Technopolis
  9. ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー Solid State Survivor
  10. デイ・トリッパー Day Tripper
  11. ファイアークラッカー Fire Cracker
  12. ジ・エンド・オブ・エイジア The End Of Asia
  13. 千のナイフ 1000 Knives
  14. 東風 Tong Poo

Disc 2編集

  1. ライディーン Rydeen
  2. ビハインド・ザ・マスク Behind The Mask
  3. ラジオ・ジャンク Radio Junk
    こちらも「ロケット工場」同様にシーナ&ザ・ロケッツに提供され、アルバム「真空パック」に収録された。YMOはこの様にライブでの定番曲となっているが、スタジオレコーディングの物は作られていない様で、最新ベスト盤UC YMOにもライブバージョンで収録されている。
  4. ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー Solid State Survivor
  5. 在広東少年 Kang Tong Boy
    オリジナルは矢野顕子のアルバム『ごはんができたよ』に収録。シングル「春咲小紅」のB面曲でもあった。
  6. 東風 Tong Poo
  7. デイ・トリッパー Day Tripper
  8. 千のナイフ 1000 Knives
  9. ロケット工場 Rocket Factory
  10. 中国女 La Femme Chinoise
  11. ファイアークラッカー Fire Cracker
  12. コズミック・サーフィン Cosmic Surfin
  13. ジ・エンド・オブ・エイジア The End Of Asia
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はフェイカー・ホリックにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki