FANDOM


ハート・ビートHeartbeat)は、1991年10月21日に発表された坂本龍一9作目のオリジナルアルバム。または、このアルバムに収録されている曲。

解説 編集

本作では、ハウス(ハウス・ミュージック)のリズム・手法が大胆に取り入れられファンを驚かせたが、「皆がハウスを聴くのは、1小節に4分音符で4つ打たれるバスドラムのビートを、心臓の鼓動(=ハート・ビート)の様な安定したリズムと捉えた一種の胎内回帰願望である」というコンセプトがある。アルバムジャケットは、オレンジを基調とした坂本のどアップのポートレート。CDの初回特典として、ブックレットが特製折り紙仕様になっていた(糊付けされて完全に開く事が出来ない為、ブックレットとしては見辛いものだった)。

収録曲 編集

  1. Heartbeat
    坂本自身が選曲したベスト・アルバム『US』に納めたかったが、収録時間の関係で割愛された。
  2. Rap the World
  3. Triste
    • 作詞:マルコ・プリンス、FFF、坂本龍一 / 作曲:坂本龍一
    三菱地所のCMで使用された。坂本がフランス語のラップを入れてみたいと考えていたところ、レコーディング初日に偶々隣のスタジオにいた、ビル・ラズウェルがプロデュースしているバンドのボーカル・マルコがフランス語でラップができるということでその場で録った曲。テーマは湾岸戦争。
  4. Lulu
    • 作曲:坂本龍一
  5. High Tide
    • 作詞:鈴木慶一 / 作曲:坂本龍一
  6. Song Lines
    • 作曲:坂本龍一
  7. nuages
  8. Sayonara
    • 作詞:鈴木慶一 / 作曲:坂本龍一
    先にタイトルを考えて作った曲。由来は最も外国人に知られている日本語が「さよなら」だろうという考えから[1]
  9. Borom Gal
  10. Epilogue
    • 作曲:坂本龍一
    サントリーのCMで使用された。「シェルタリング・スカイ」のサントラを作っている時、ベルナルド・ベルトルッチとの摩擦によるストレス解消のため、即興キーボードを弾いた際、コンピュータに録っておいた曲が原型。スウィート・リヴェンジというタイトルも考えたが、それは次のアルバムのタイトルとした。
  11. Tainai Kaiki
    • 作詞:アート・リンゼイ、坂本龍一 / 作曲:坂本龍一

出典編集

  1. 月刊カドカワ 1992年1月号
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はハート・ビートにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki