FANDOM


デヴィッド・シルヴィアンDavid Sylvian,本名David Batt 1958年2月23日 - )は、英国ケント州ベッケンハイム出身のシンガーソングライター

1976年、ミック・カーンリチャード・バルビエリ、そして実弟のスティーヴ・ジャンセンと共にジャパンを結成。1978年、ロブ・ディーンをメンバーに加えて、アルバム『果てしなき反抗』をリリースしてデビューした。1982年、ジャパン解散後、ソロに転向した。以降ソロアルバムはもとより、坂本龍一ロバート・フリップ等とのコラボレーション作品を数多く発表している。

シルヴィアンはキング・クリムゾンのボーカルにスカウトされたほどの優れたボーカリストであると同時に、優れたコンポーザーでもある。ソロに転向してからは電子音楽アンビエントなどに通じるディープな世界観を追求し始め、インストゥルメンタルの音楽も数多く手掛けるようになった。この点ではブライアン・イーノと似ているが、イーノは1977年から2005年リリースの「Another Day on Earth」まで28年間ボーカルを封印していたのに対して、シルヴィアンはコンスタントに歌い続けている事が挙げられる。このアンビエントとボーカル、それぞれの路線は1987年の「Secrets of The Beehive」で見事に融合し、一つの頂点を極めることとなる。1992年にアメリカの歌手イングリッド・シャヴェイズと結婚。2女をもうけるが、2005年に離婚した。

21世紀に入ると、いわゆるエレクトロニカと呼ばれる新興の電子音楽にも傾倒し始め、2003年に自ら立ち上げたsamadhi soundレーベルからリリースされた「Blemish」では、その代表的なアーティストの一人であるフェネスをゲストに迎え、また同タイトルのリミックス盤でも様々なアーティストを起用するなど、新たな試みを見せた。blemishでは、ジャズ好きが最後に辿り着くと言われる孤高のギタリストデレク・ベイリー(Derek Bailey)の参加が一部のジャズファンの間で話題を呼んだ。なお、フェネスのアルバム「Venice」にシルヴィアンは一曲ボーカルで参加している。

2006年には弟ジャンセン、フランジャーで知られるケルンダブ電子音楽系作家であるバーント・フリードマンの3人で結成した新バンド・ナイン・ホーセスがデビュー。ファースト・アルバムである「スノー・ボーン・ソロウ」には坂本龍一らも参加し、生楽器のバンドサウンドと電子的な音作りが調和した起伏に富んだ構成となっている。ラストの"The Librarian"は、フリードマンが元カンのドラマー、ヤキ・リーベツァイトと組んだアルバム「Secret Rhythm 2」にも収録されている(ここでドラムを叩いているのはヤキ)。ナイン・ホーセズはすでに第二作の準備に入っているといい、今後の発展が期待される。

アルバムへのトランペッターの起用が特徴的である。ジョン・ハッセル(Jon Hassell)、ケニー・ホイーラー(Kenny Wheeler)、マルクス・シュトックハウゼン(Markus Stockhausen)、マーク・アイシャム(Mark Isham)、ニルス・ペッテル・モルヴァル(Nils Petter Molvaer)、アルヴェ・ヘンリクセン(Arve Henriksen)らがいる。何れも極めてユニークな優れたトランペッターであり、アルバムのサウンドに少なからぬ寄与をしている。


ソロ作品(アルバム)編集

  • 1984年「Brilliant Trees」
  • 1985年「Alchemy」
  • 1986年「gone to earth」
  • 1987年「secrets of the beehive」
  • 1999年「Dead Bees On A Cake」
  • 2000年「Approaching Silence」
  • 2000年「Everything and nothing」(全曲リマスター・未発表曲・新録含むベスト盤)
  • 2002年「Camphor」(インストルメンタル作品のベスト盤・全曲リマスター)
  • 2003年「blemish」

コラボレーション編集

坂本龍一(すべてシングル)編集

  • 1982「Bamboo Music/Bamboo Houses」
  • 1983「Forbidden Colours」(「戦場のメリークリスマス」テーマ曲のヴォーカルバージョン)
  • 1992「tainaikaiki II」
  • 2001「ZERO LANDMINE」(N.M.L.)
  • 2003「World Citizen -I won't be disappointed-」(J-WAVEのタイアップ曲)

ホルガー・チューカイ(アルバム)編集

  • 1988「Plight and Premonition」
  • 1989「Flux and Mutability」

ロバート・フリップ(アルバム)編集

  • 1993「The First day」
  • 1994「damage」
  • 2001「damage」(1994年発売のアルバムをシルヴィアンがリマスターし直したもの。音質が大きく変わっている)

ナイン・ホーセス編集

  • 2006「Snow Born Sorrow」
  • 2006「Money For All」

スティーナ・ノルデンスタム編集

  • 2006「Snow Born Sorrow」(Wonderful World、そして日本国内盤のみ The Bird Sing For Their Livesで参加)
  • 2006「Wonderful World」(シングルバージョン)
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はデヴィッド・シルヴィアンにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki