FANDOM


テンプレート:Infobox Album デイ・トリッパー(Day Tripper)は、1965年ビートルズ初の両A面シングルとして「恋を抱きしめよう」と共に発表された曲である。作者はレノン=マッカートニーだが実質的にはほとんどがジョン・レノンの手によるものと言われている。ビートルズは同時期にアルバム『ラバー・ソウル』を発表しているが、アルバムには未収録。イギリスでは「恋を抱きしめよう」との両A面シングルで発売された。(ちなみに日米ではこの曲はB面扱いだった。)


ギターリフが印象的なロック・ナンバーであるが、ビートルズにとって最初期のドラッグ・ソングでもある。「デイ・トリッパー(日帰り旅行客)=ドラッグでトリップする人」という意味もある。ジョンは「若い人たちが聴けば、そうだって分かるフレーズが隠されている」と語っている。

上記でも記したギターリフはミストーンや音のかすれが見られる。(ミスでいくと、)最後の"Day Triper! Day Triper,yeah!"(繰り返し)と歌っているが最初にミスで"Yeah!"と歌ってしまっている。

この曲はアメリカではシングルでリリースされた後、キャピトル・レコード編集版アルバム『イエスタディ・アンド・トゥディ』に収録されている。

ザ・ビートルズ1に収録以前はギターリフのミストーンを消去した跡が多数聴かれたが、ザ・ビートルズ1では「こっそり」修正されている。

オーティス・レディングがカヴァーし、『ソウル辞典』(1966年)や『ヨーロッパのオーティス・レディング』(1967年)に収録。また、イエロー・マジック・オーケストラ1979年の作品『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』に初収録し、その後もライブ等で演奏していた。

収録アルバム 編集

外部リンク編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はデイ・トリッパーにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki