FANDOM


スネークマンショーは、桑原茂一が率いたコントユニットで主なメンバーに咲坂守こと小林克也、畠山桃内こと伊武雅刀がいた。また同名のラジオ番組、彼らのファーストアルバムのタイトルでもある。巳年生まれの小林克也が伝説のDJ、ウルフマン・ジャックWolfman Jack) のモノマネをしたことからユニット名が決まった。 イエロー・マジック・オーケストラとも交流が深く、彼らの4枚目のアルバム『増殖』に参加し、曲間のコントを提供したことでも有名。

歴史 編集

創世記~ラジオ時代 編集

1970年代後半に桑原がエドウィンから店内用BGMの作成を持ちかけられる。そのとき、以前から交流があった小林と共にアメリカのDJウルフマン・ジャックをまねたキャラクター「スネークマン・ジョーンズ」(小林克也によるウルフマンの物まね、以下このページでは「スネークマン」と表記。まもなく「ジョーンズ」という名はライバルメーカーの称号を想起させることから削られた)を登場させたテープを作成、エドウィン店舗で放送された。しかし、店内用BGMとして使う場合に著作権使用の申請をいちいちしないといけないため、申請が要らないラジオでの放送を考える。これが1976年の春からラジオ大阪で放送された「スネークマン・ショー」となるが、番組では俳優として活動していた伊武雅刀が加わり、スネークマンのDJのみであったスネークマン・ショーは、曲紹介の合間に伊武雅刀とのショートコントを織り交ぜるという形になった。

やがてラジオ関東でも放送が開始され、1977年TBSラジオの「一慶・美雄の夜はともだち」のコーナーとして、タイトルも「それ行けスネークマン」となる。

しかし、当時はほぼタブーとされていた同性愛者に関するコーナーを作ったり、反権力、社会的批判を込めたコント・過激な下ネタなどが社内で問題となり放送禁止になった。そして、一大イベント「写楽祭(小学館の雑誌「写楽」創刊イベント)」をプロデュースするも大失敗[1]し、TBS上層部の怒りを買った同番組は1980年にいきなり終了してしまうこととなる(終了までの間、坂本龍一の怒鳴り声は番組のジングルとして使用された)。  その直後にNHK-FM「サウンドストリート」で桑原をゲストに放送された特集では、コントはレコード化されなかった、TBSで放送された音源を使用したものがほとんどだった。


レコード発売~消滅 編集

その後、YMOのアルバム「増殖」に参加。今までスネークマンショーを知らなかった世代に直撃し、大ヒットとなる。そして、1981年にファーストアルバム「スネークマンショー(通称「急いで口で吸え」)」を発売し、こちらも大ヒット。同年にセカンドアルバム「死ぬのは嫌だ、怖い。戦争反対!」を発売し、スネークマンショー人気は絶頂期を迎えたが、小林と桑原・伊武の意見が食い違うことが多くなり小林が脱退する。スネークマンショーはそれからしばらくアルバムリリースをしたが、自然消滅の道へと進んでしまう。

消滅~再会 編集

消滅した後は、小林が「スネークマンロックショー」、桑原・伊武が「ラジオヘブン」として活動して行った他、1986年テレビ朝日で音楽情報番組の「クラブキング」を手がけた。また、桑原は1990年代半ばに「ブルーフィルム」というユニットも組んでいる。 1999年9月24日に放送された「同窓会」(テレビ東京)という番組の中で3人が十数年ぶりに再会する。

2000年桑原、伊武、松尾貴史YOUなどによる、ゲームの企画アルバム「シーマンと20世紀のポテチン」を発売。

その後は、桑原が「コメディクラブキング」などを結成するくらいの活動しかしていなかったが、2001年2002年のナイターシーズンに、「e-NITE」(TBSラジオ)で、ラジオ番組としてのスネークマンショーを復活させた(2002年のナイターシーズンでは「S21 スネークマンショー21」と銘打って放送している。)。

  1. YMOのライブを期待していた観客が多かったが、ギャグばかりのイベントであった上、YMOがギャグのみを行った後、ライブを行わずに「以上でYMOの出番は終了します」と冗談でアナウンスしたため(最初からライブは後で行う予定であり、行っている)、怒った観客達が大ブーイングを起こしたためであった。この模様は後日「それ行けスネークマン」で放送され、この時の坂本龍一が観客に怒鳴り、高橋幸宏が観客をなだめる模様が後にYMOのライブベストアルバムONE MORE YMOに収録された

世間への影響 編集

前述のとおりYMOブーム、またそれ以前から桑原と交流のあったミュージシャン、さらにニューウェーブバンドとの関係から、後のラジオ番組・お笑い・ミュージシャンにも多くの影響を残した。

ニッポン放送のベテランアナウンサーであるうえやなぎまさひこは、大学時代に聞いていたオリジナル・スネークマンショーから多く影響を受け、のちに担当した「HITACHI FAN! FUN! TODAY」ではスネークマンをもじって「ウナギマン・ショー」と銘打ったコントを演じていた。現在でもラジオでプチコントをやる場合は小林のようなしゃべり方で話すことがある。

また、深夜ラジオ界の帝王である伊集院光もスネークマンショーに影響を受けた人物であり、彼の担当するラジオ番組では精巧に作りこまれたコントや言葉遊びをよく耳にする。

また、フジテレビの番組「オレたちひょうきん族」は「~海賊版」のスネークマンイントロデュースをそっくりそのままパロディし、テーマソングにウィリアムテル行進曲を使うなどした(ちなみに初期オープニングナレーションは伊武が担当していた)。第1回目のナレーションの冒頭は「たけのこ族よりもナウく、クリスタル族なんて目にしないオレたちひょうきん族」と、ちょっとだけ内容も類似している。 (ちなみに、桑原はひょうきん族に対して「イジメから生まれる笑いは賛成できないため、いいものだとは思わない」と発言している)

補足 編集

  • 桑原はプロデュースに専念して表舞台に出てくることはなかったが、わずかながら出演もしている(例・『急いで口で吸え』の兵隊の一人)。
  • 元祖ウルフマンに倣い、小林はある時期まで自らがスネークマンであることを一切明らかにしなかった。そのため、大阪時代には川村龍一が正体であると噂されたことがある。
  • 有名なコントのひとつに伊武演じる『JET STREAM』のパロディがあり、後年その伊武自身が『JET STREAM』のパーソナリティに就任した際は、ファンの間で大きな話題となった。

ディスコグラフィー 編集

  • SNAKEMAN SHOW/スネークマン・ショー(LP・1981年、CD・2003年)
  • 死ぬのは嫌だ、怖い。戦争反対!(LP・1981年、CD・2003年)
  • 咲坂と桃内のごきげんいかがワン・ツゥ・スリー(シングル・1981年、シングルCD・1995年)
  • 愛の戦場(シングル・1981年)
  • スネークマンショー海賊版(カセット・1982年、CD・2003年)
後年アナログLPにもなったが、当局のお達しでギャグのいくつかがカセット版から削られて、別のコントに差し替えになった。
  • ピテカントロプスの逆襲(LP・1983年、CD・2003年)
メロンとのコラボレーションで制作。小林克也は参加していない。LPとカセットが同時発売されたが、実は全く同内容というわけではなく、カセット版の方が収録時間が長くギャグが多めに入っていた。
  • スネークマンショー 核シェルターブック(カセットブック・1983年)
  • スネークマンショー In The 90's (CD・1991年)
On-Uサウンドエイドリアン・シャーウッドによるリミックス。
  • YANKOMARITAI (CD2枚組・1992年
このベスト盤は発売当時は平仮名のタイトルであったが、再販分からジャケットイラストは同じまま、タイトルのみ横文字表記の「YANKOMARITAI」に変更されている。過去に発売されたアルバムからの再編集で、1枚目は音楽オンリー、2枚目はコントオンリーの構成。既発売のアルバムを持っているユーザーの購入意欲を煽るためか、2枚目には新規に収録されたギャグも2編あった。
  • 人格なし(CD・1993年)
  • 人格なし2(CD・1993年)
  • ツインズスーパーベスト・オブ・スネークマンショー(CD2枚組・1997年)
  • ラジオ・スネークマン・ショー Vol.1〜3(CD・2001年)
2001年9月27日、ラジオ番組のスネークマンショーの音源を復刻する形でワーナーから同時発売。計画では、同年10月24日にVol.4~Vol.6、11月21日にVol.7~Vol.9をリリースし、全巻購入者には特製CDをプレゼントするはずだったのだが、実際はVol.3までで発売は中断し、廃盤となった。この3枚は店頭に並んだのが非常に短い期間だったせいもあり、マニアの間ではレア盤扱いされている。
  • スネークマンショー・アンソロジー(CD2枚組・2004年)
「ラジオ・スネークマン・ショー」の発売元をユニバーサルミュージックに変えて内容を縮小し、2004年5月26日に発売された。こちらも再三の発売延期に見舞われた。

アルファレコードは1988年に「スネークマン・ショー」と「戦争反対!」を2枚組で初CD化。その2年後の1990年に「ピテカントロプスの逆襲」と「海賊版」をそれぞれ単独で初CD化。「ピテカントロプス」と「海賊版」はどちらもカセット版と同内容のものだった。だがこれによって「海賊版」LP版のみに収録されていた差し替え分のコントは、長らく聴けない状態となってしまった。

アルファのスネークマンショーは幾度か再発売されたが後に廃盤となり、長い間CDショップからは姿を消していたが、2003年にソニーミュージックから初期オリジナルアルバム4枚がリマスター版として一挙に発売。「海賊版」はカセット版の内容に加え、LPのみに入っていた差し替え分のギャグもボーナストラックとして収録され、これでやっと「海賊版」用の全ての音源がCDで聴けるようになった。

2006年現在はソニーミュージックのリマスター盤4タイトルとユニバーサルの「アンソロジー」のみがCDショップで流通しており、それ以外は全て廃盤である。

映像作品 編集

  • 楽しいテレビ(1984年)
後にラジカル・ガジベリビンバ・システムを結成する竹中直人いとうせいこう大竹まこと中村ゆうじが客演。実質的に、80年代前半・後半をそれぞれ象徴する2大ギャグユニットのコラボレーション作品である。VHS及びLD版が発売されていたが、2007年7月現在いずれも廃盤であり、DVD化の予定も立っていない。

書籍 編集

  • これ、なんですか? スネークマンショー(新潮社・監修/桑原茂一2)

外部リンク 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はスネークマンショーにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki