FANDOM


サーヴィス(SERVICE)は、イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)の8作目のアルバム。1983年12月14日アルファレコードよりリリースされた。曲間にS.E.T.(Super Eccentric Theater)によるコントが挿入されている。

解説 編集

  • 本来は前作『浮気なぼくら』を最後のアルバムとして散開(解散)する予定であったが、当時高橋幸宏DJを担当していたラジオ番組「オールナイトニッポン」内でレギュラー出演していた、三宅裕司率いるS.E.T.スーパー・エキセントリック・シアター)とのコラボレーションを、アルバム『増殖』と同じ形態でリリースすることを高橋自身が細野に持ちかけ、解散記念アルバムとして制作された。
  • メンバー共同制作の楽曲は少なく、それぞれ個々に作曲・歌唱しているため、ソロ作品のオムニバスアルバムに近い作りをしている。
  • すでに解散が前提だったため、メンバー間の衝突はなく、穏やかに作業が進められたと高橋はコメントしている。
  • 初回版LPはイエロー・ヴィニールだったが、当初はオレンジ、イエロー、ブルーの3色が予定されていた。

収録曲編集

  1. LIMBO
    作詞:高橋幸宏、細野晴臣ピーター・バラカン/作曲:高橋幸宏、細野晴臣/編曲:YMO
    曲名は「天国地獄の中間位置」=「拘置所」という意味。
  2. S.E.T.
  3. THE MADMEN
    作詞:細野晴臣、ピーター・バラカン/作曲:細野晴臣/編曲:YMO
    諸星大二郎漫画からインスパイアされた曲。細野がほとんど一人で作り上げた。坂本によると細野の演奏するベースが「国宝級」とのこと。
  4. S.E.T.
    イントロに使われている曲はフュージョン・バンド、カシオペアの"Time Limit"。
  5. CHINESE WHISPERS
    作詞:高橋幸宏、ピーター・バラカン/作曲:高橋幸宏/編曲:YMO
    高橋はこの当時、全然活力が無かったらしく、この曲も好きではないコメントしている。
  6. S.E.T.
  7. 以心電信(YOU'VE GOT TO HELP YOURSELF)
    作詞:細野晴臣、ピーター・バラカン/作曲:坂本龍一、高橋幸宏/編曲:YMO
    詳細は『以心電信 (YMO)』を参照。
  8. S.E.T.+YMO
  9. SHADOWS ON THE GROUND
    作詞:坂本龍一、高橋幸宏、ピーター・バラカン/作曲:坂本龍一、高橋幸宏/編曲:YMO
    細野曰く「スティーリー・ダンを意識していると言われた」曲。当時アメリカで流行っていたAORな雰囲気を出している。どこか高橋のソロアルバム『サラヴァ!』の頃のようなクラウス・オガーマンを髣髴とさせる部分があるが、これに関して坂本は「幸宏のソロ曲を作っている感じだったので、無意識に出てしまったのかもしれない」と答えている。
  10. S.E.T.
  11. SEE-THROUGH
    作詞:ピーター・バラカン/作曲:YMO
    シングル『過激な淑女』のB面にも収録されている。
  12. S.E.T.
  13. PERSPECTIVE
    作詞:坂本龍一、ピーター・バラカン/作曲:坂本龍一
    坂本のアルバム『/04』にピアノ連弾として再収録されている。歌詞の「Every day」が続くのは、コンセプチュアル・アートの第一人者である河原温から影響を受けている。
  14. S.E.T.

参加ミュージシャン 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はサーヴィス (YMO)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki