FANDOM


クラフトワークKraftwerkドイツ語読みでクラフトヴェルク発電所の意)は、ドイツ電子音楽演奏集団、テクノユニットである。

歴史 編集

1970年ドイツデュッセルドルフラルフ・ヒュッターフローリアン・シュナイダーにより結成された。当初は前衛的電子音楽を発表しリスナーにはジャーマン・プログレッシヴ・ロックとも捉えられていたが、『アウトバーン』の商業的成功以降、徐々にポップス、そしてダンスミュージックに方向転換していく。彼等の楽曲は電子楽器を用いた(テクノポップデトロイト・テクノを含めた広義の意味での)テクノ・ヒップホップユーロビートなどの音楽ジャンルの発展に大きな影響を与え、サンプリングの元ネタとしてはジェームス・ブラウンとともに最も使われているアーティストとも言われる。なかでもヒップホップの巨人アフリカ・バンバータはクラフトワークから多大な影響を受け、いわゆる「エレクトロファンク」という新しいサウンドを生み出した。

初期の実験的アルバム以降の彼等の作品は各アルバムごとに明確なコンセプトが提示されており、その主題も「高速道路」「放射能」「鉄道」「ロボット」「コンピュータ」など、従来のバンドが取り上げなかったきわめて即物的・無機的なものが多い。その反面、ポップなメロディと、機械によるジャストでありながらファンキーなリズム、そして彼等のユーモアセンスによって親しみやすいものとなっている。結成35年を迎えたが一時の停滞期を乗り越え、現在また盛んな音楽活動を行っている。代表曲に「アウトバーン」、「ロボット」、「ツール・ド・フランス」、日本語で歌詞が書かれた「電卓」(来日ライブでは、この曲を本物の電卓を持って歌った)などがある。

過去のライヴでは、膨大な機材群をステージ後方におびただしく並べて演奏していた。現在のライヴでは、巨大な3面スクリーンに映される、演奏と完全同期した映像がフィーチャーされている。機材構成は機動性を生かしたシンプルなものであり、メンバー4人がSONY社製のノートPC・VAIOと、スタインバーグ社製のDAWソフト・Cubaseによって楽曲をリアルタイムでコントロールしている。

メンバー編集

ファイル:20040323-kraftwerk-in-de-ab-53-music-non-stop.jpg

現在のメンバー編集

過去に在籍していたメンバー編集

  • Klaus Dinger クラウス・ディンガー (脱退→Neu!→La Düsseldorf→La!Neu?)
  • Michael Rother ミヒャエル・ローター (脱退→Neu!→Harmonia→Solo)
  • Thomas Hohman トーマス・ホーマン (脱退)
  • Klaus Roeder クラウス・レーダー (脱退)
  • Wolfgang Flür ヴォルフガング・フリューア (脱退→Yamo)
  • Karl Bartos カール・バルトス (脱退→Elektric Music(Electric Music)→Solo)

歴史編集

  • 1968年、ラルフとフローリアンによりクラフトワークの前身とも言うべきグループ、オルガニザツィオーン(Organisation)結成。
  • 1969年、実験的アルバム『トーン・フロート』(Tone Float)をリリース。
  • 1970年、グループ名をクラフトヴェルク(Kraftwerk)に改称。世界的には英語読みの「クラフトワーク」で通用している。
  • 1974年、アメリカのラジオ番組から火がつき「アウトバーン」が世界的にヒット。一躍有名に。この作品から1981年の『コンピューターワールド』の頃までが全盛期であり、世界で多くのフォロワーを生み出す。
  • 1980年代半ば~ 音づくりへのこだわりからアルバム制作は滞り、グループとしての活動も次第にペースが落ちて行く。
  • 1990年代後期~ ワールドツアーライヴを中心に、徐々に精力的な活動を再開。
  • 2000年、ドイツハノーファー万博のテーマ曲としてシングル「EXPO2000」リリース。
  • 2003年、17年ぶりの新作アルバム『ツール・ド・フランス』リリース。
  • 2005年、初の2枚組ライヴアルバム『ミニマム・マキシマム』、同名のライヴDVDリリース。
  • 2006年、1974年から2003年まで発表した曲のベストアルバムをリリースする予定であったが、諸般の事情により中止となる。

ディスコグラフィー編集

※以上3枚は現在正規盤ではリリースされておらず入手困難。

なお、『放射能』以降の楽曲は一部を除き一般バージョンの英語版とドイツ語圏向けのドイツ語バージョンの2種類が存在する。そのため、同じアルバムでも基本的に英・独2バージョンリリースされる(『ツール・ド・フランス』は1バージョンのみ)。例外として「ポケットカルキュレーター」(『コンピューター・ワールド』収録)のように英・独・仏・日の4カ国語や「ショウルーム・ダミー」(『ヨーロッパ特急』収録)の英・独・仏の3カ国語、「セックスオブジェクト」(『エレクトリック・カフェ』収録)の英・独とスペイン版初回限定で収録されたスペイン語版の3カ国語、1983年に出たシングル「ツール・ド・フランス」(日本未発売)の独語とタイトルにちなんだ仏語の2カ国語といった例外もある(ツール~は現在仏語のみ歌われている)。 特殊なバージョン違いの例としては、通常6曲収録である1986年のアルバム『エレクトリック・カフェ』は、韓国版のみ儒教社会に与える影響を考慮して「セックス・オブジェクト」をカットした全5曲収録としてリリースしている。

代表曲編集

  • Kling Klang(1972年)
『Kraftwerk2』収録。加工された呼吸音でつくられた曲など、まだまだ実験音楽的色彩の強いアルバムの中で、唯一リズム等にポップな電子音がフィーチャーされた、テクノの先祖的楽曲。
  • アウトバーン(1974年)
アウトバーン』収録。その名の通り、ドイツの高速道路アウトバーンがモチーフ。約20分に及ぶ曲の中で、シンセサイザーで自動車の追い越し音まで描写・再現されている。ドイツ語のみ。
  • ヨーロッパ特急(1977年)
ヨーロッパ特急』収録。かつてヨーロッパを走った特急「TEE」がモチーフ。鉄道の走行音を再現している。同じアルバムの収録曲「メタル・オン・メタル」はこの曲の続編である。アフリカ・バンバータの「プラネット・ロック」はこの曲をサンプリングしている。
  • ロボット(1978年)
人間解体』収録。ライブなどではメンバーのロボットが出てきて、曲に合わせて踊る。歌詞の途中にロシア語がある。
  • モデル(1978年)
『人間解体』収録。1982年にイギリスのチャートで1位になる。日本のバンドヒカシューカバーしている。
  • ネオン・ライツ(1978年)
『人間解体』収録。「大彗星(軌道)」のような情緒的なメロディの曲。U2(シングル『Vertigo』収録)の他、イギリステクノポップバンド、オーケストラル・マヌヴァーズ・イン・ザ・ダーク(OMD)がカバーしている。
  • 電卓(1981年)
コンピューター・ワールド』収録。日本語の歌詞が話題に。余談だが、英語版のタイトルは「ポケット・カリュキュレーター」。
  • ナンバーズ(1981年)
『コンピューター・ワールド』収録。ドイツ語、英語、イタリア語、スペイン語、ロシア語、そして日本語の数詞のカウントがひたすら繰り返される。
  • ミュージック・ノン・ストップ(1986年)
エレクトリック・カフェ』収録。ライブでは必ず最後に演奏する。
  • ツール・ド・フランス(2003年)
ツール・ド・フランス』収録。フランスの自転車レース、ツール・ド・フランスをモチーフ。元々1983年にシングルで出したが、2003年にリアレンジ。ツール・ド・フランスのテーマ曲。映画『ブレイクダンス』のターボのホウキのシーンで使われ話題になった。

参考文献編集

  • クラフトワーク ロボット時代 ヴォルフガング・フリューア 著 明石 政紀 翻訳 単行本 シンコーミュージック (2001/03)

外部リンク編集


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はクラフトワークにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki